評価制度

自分の頑張りが評価され、
目標達成の喜びを感じられる制度を整えています。
評価された分だけ、キャリアアップの
チャンスがあることもやりがいになります。

POINT!

頑張ったことを、ちゃんと見ていてくれる人がいるってうれしい!

POINT!

個人評価制度イメージ画像

個人評価制度

個人単位で半年ごとに成績を評価され、等級や時給が見直されるチャンス!日々の業務をもとに、拠点担当者が記録をつけます。
※評価項目は職種によって内容が異なります

チーム貢献

新人教育への関わり方のほか、突発的な業務に対する対応・指示・指導など、班やセンターに対しての貢献度合いを測ります。

能力貢献

運行管理者・衛生管理者・安全管理者といった、業務に関連する資格の取得状況や、業務を遂行するスキルなどを評価します。

勤続年数

勤続年数に応じて得点が加算されます。長く勤めたぶん、会社に認めてもらえる仕組みです。

社内認定制度

在籍年数や役職に関係なく、職種に応じた業務知識や技術を評価し認定。職種ごとに試験を実施し、試験に合格すると、昇給や報奨金・記念品の贈呈、表彰の対象に。

班評価制度イメージ画像

班評価制度

3ヶ月に一度、班ごとの成績が評価される制度です。良い成績をおさめた班には、賞品の贈呈も!班長が作成する「班実績報告書」が評価の基準となります。

品質貢献

身だしなみや遅刻・欠勤の回数など、仕事をするうえでの“品質”を問う項目に、班としてどのように取り組めたかを評価します。

チーム貢献

新人教育への関わり、班ミーティングの実施回数など、センターに対しての貢献度合いを測ります。

班実績発表会

各班が抱える課題に対し、取り組み成果を社内で発表。自発的に改善点を発見して解決策を見出し、労働環境の向上に挑んでいます。

表彰を受けた
先輩の声

吉岡 壮一朗

吉岡 壮一朗

2014年6月入社 / 福井センター センター長

表彰を受けたきっかけは、副センター長をしていた新潟センターで「ドライバーの働きやすさをもっと高めたい」と思ったことでした。まずは一人ひとりの勤務体系を見直そうと、個人管理だった休憩地点と休憩時間を班ごとに定めて徹底。さらに深夜便と既存便を組み合わせ、労働時間を減らしながら業務効率化へつなげていきました。結果的にセンターとして2019年上半期の時短部門1位、経常利益率部門3位のダブル受賞を達成。全員で協力し合って成果につなげられたことで、ますますモチベーションが高まる機会となりました。